正方形×正方形

通り過ぎる人たち①

c0118173_18373639.jpg


先日、久しぶりに暗室に入ったとき
1Fのギャラリーにあった一冊の写真集を何気なく手に取った。

マッチ箱を模したA5サイズの可愛らしい装丁。
「東京マッチボックス」と名づけられたその本には、
1970年代のストリートスナップを中心に1ページに1ショット
400ページ以上にわたって収集した濃密な時間があった。

最初に惹かれたのは30年以上前の昭和の街並みであったが、
そんなノスタルジーなどいとも簡単に吹き飛ばす
パワフルなショットの連続に圧倒された。

何しろ、道往く人をほとんど正面から捉えているのだ。
ガッチリ目線が来ているショットも多い。
撮影者はアイレベルでカメラを構えているし
ノーファインダーの盗み撮りではあり得ない迫力である。
(日中シンクロを使っているショットまである)

なんなんだコレは。

確信犯的でありながら作為的でない。
演出的でありながら恐ろしく生々しい。


暗室作業を終えた帰り道、
私の荷物は写真集の重さ分増えていた。





c0118173_18401869.jpg


写真家の横川辰之氏は、「DRUG」を主催する一人だと後日知った。
暗室オーナーのHさんは、本写真集のプリントを担当された。
by leica_m4m | 2009-05-24 18:46 | Leica M | Comments(2)
Commented by readymade_ayu at 2009-05-25 13:42
私も手にとってみたいと思います。
Commented by leica_m4m at 2009-05-25 18:49
ayuさん、こんばんは。
時代を映すとでも言いましょうか
確かにそういう時代だったのだろうとは思うのですが、
ヒトを正面から捉えたスナップの塊にビックリしました。