正方形×正方形

50ミリの視野 その5

c0118173_2237565.jpg


静かに眼前を正視してみると、自分の視野はかなり広いことがわかる。
しかし、視線の中心にあるフォーカスエリア以外の認識力はかなり低い。

境界のないフレーミングあるいはトリミング
という視覚のなせる技であろう。

この感覚をレンズに置き換えて想像してみたらどうか。

倍率が近しい「50ミリ」と認識視野のイメージに近い「35ミリ」。
どちらが“標準”かと言われると、やっぱり35ミリかなぁ。
by leica_m4m | 2009-10-15 22:37 | Leica M | Comments(2)
Commented by kichigen-cafe at 2009-10-16 09:10
この視点、カッコイイ!!!

35mm・・・持ってないんです・・・
単焦点では 105mm、85mm、50mm、40mm まで。
シグマの30mmを持ってますが、デジタル専用。

なので憧れの35mmです。
Commented by leica_m4m at 2009-10-16 20:27
あ、ヒトリグミさん こんばんは。
ありがとうございます。
35ミリでピントが超浅いってことでノクトン使ってます。^^

あ、32麻雀の件でもお世話になりました。(^^;