正方形×正方形

京島(7)

c0118173_20582348.jpg


(ある写真展にて-2)

切り撮られた都市の断片が
水準以上のクオリティを持ってそこにあった。
ある種の甘ったるさとは完全に決別した展示だった。

しかし、最初どこか腑に落ちない感覚を覚えたのは確かだ。
だから、会場内を何度もぐるぐる歩いた。

歩いているうちに、
この展示に対して「胸をざわつかせる何か」を
要求している自分に気がついた。

そこにある写真にアテられてしまったのだ。
そこにある写真を観るには無防備すぎた。

困ったな。

写真展をやるということは
どういうことなのだろうと、少し考えさせられる。
by leica_m4m | 2010-02-11 20:59 | Leica M | Comments(4)
Commented by ash1kg at 2010-02-11 21:07
かなり良かったようですね。
今日行けなかったので、土曜日に見てきます~
楽しみです。
Commented by leica_m4m at 2010-02-11 22:03
テーマが少し近いので(笑)考えさせられるものがありますね~
私の下町写真も、完全に断片化しているだけに…
いや、私の場合は局所化と言った方が正しいですが(笑)
Commented by piclab at 2010-02-11 23:54
昨日行きましたが、ご記銘帳にお名前発見して、なんだか嬉しくなりました^^)
写真展、何度か通うと印象が深まりますよね。
「遊」も何度も拝見しました。

ご紹介の展示も再び訪れる予定です。
Commented by leica_m4m at 2010-02-12 12:23
piclabさん こんにちは。
それはそれは!ありがとうございます。(^^

「遊」の展示から1年以上経ったか、と思う反面
まだ1年そこそこしか経っていない事実に少し驚きます。
とてもよい経験でした。^^

あいにく今週末は新宿には行けないのですが、
どこかでご一緒できる機会を楽しみにしています。^^