正方形×正方形

人生は階段のようなもの

c0118173_2162212.jpg





PFMのアルバムPhotos Of Ghostsには
名曲「River of Life」が収録されていて、
「人生は川のようなもの」という
美空ひばり調の邦題が付けられている。

なぜ「人生たる川よ」とか「人生という川」というトーンでなく
「のようなもの」にしたのかずっと疑問に思っている。

「人生50年のようなもの」
「人生はワンツーパンチのようなもの」
「人生は七転び八起きのようなもの」
ではインパクトに欠けるだろう。

いや待てよ。

「人生は上り階段のようなもの」
「人生はエスカレーターのようなもの」
「人生はところてんのようなもの」
だったらどうだ!?

なに言ってんだろオレ。
どこかネジが外れたらしい。
by leica_m4m | 2011-04-12 22:49 | Leica M | Comments(2)
Commented by muya3094 at 2011-04-12 23:02
こんばんは ☆

む、難しいですゥ____!

「・・・ようなもの」
言い切れない曖昧さを残すことで 個々の想いに
委ねているのではないのかなぁ~? と
写真でも余白が雰囲気とか 空気感を含み込むように?

ひょっとして トンチンカン !!!? (笑)・・・カナ ?
Commented by leica_m4m at 2011-04-12 23:31
muyaさん こんばんは。
しょーもない話にコメントありがとうございます。^^
当時の邦訳には様々疑問がありまして
たとえば
The dark side of the moon が「狂気」
Close to the edge が「危機」
だったりするので販売促進のための演出の気配を感じるのですが。
「人生は川のようなもの」
っていうゆるーい感じが何ともイイなぁ
と、最近は思っております。^^