正方形×正方形

1.5憶が25台か31台か

c0118173_18551225.jpg




ライカ(当時はErnst Leitz社)が1923年に製作した試作機が
カメラとしては過去最高額の132万ユーロ(約1億5300万円)で
落札されたというニュースが世間(マニア)を賑わせている。

(報道より)
「ライカが商業生産を始める2年前の1923年に作った試作機
約25台のうちの1台で、アジアの個人収集家が落札した」

(Wikiより)
「ライカ0(Null Leica 、1923年製作) - ウル・ライカの市場調査用として
シリアルナンバー100から130までの31台が製作されたが市販はされなかった」

報道では試作機は「25台」、Wikiによると「31台」ということだが
6台の差は1.5億の単価からするとかなり大きい。

また、報道の「約25台」という微妙な誤差の中に、
いったい何台の1.5憶円機が隠れているのだろう。(どーでもいいが)
by leica_m4m | 2011-05-30 19:02 | Leica M | Comments(4)
Commented by osamu_the_wizard at 2011-05-30 23:13
”アジアの”という表記が気になりますが、中国とかですかね?
ま、まさか千葉の、新かm!!!???

そういや自宅がレモン社やマップカメラを軽く越す状態のコレクターを紹介するよと友人に言われたことがありますが、大坂でも遠いと思うのに・・・ドイツって。
Commented by leica_m4m at 2011-05-31 08:11
osamuちゃん おはよう!
アジアの収集家は、中国の富豪か、シンガポールの投資家か!?
千葉の庶民には飛びモノ用レンズすら難しい!(笑)

あ、そういえばM3購入おめでとうございます!^^
Commented by nori62chan at 2011-05-31 21:12
leica_m4m さんもそうだと思いますがカメラ自体には...
やっぱり憧れは植田氏の使っていた黒のM4(ブラッククロームではなかったような)ですね
でも、名人は機械を選ばず代替わりすれば
世間では散々揶揄されていたM4-Pも使われていたみたいですね
でもやっぱり僕はいつかは黒いM4
東洋哲学の四諦八正道だっけ(?)講義受けたのにね!!
Commented by leica_m4m at 2011-05-31 21:55
noriさん こんばんは。
遣い途を探していたダブつきマネーが投入された
とワタシは邪推しています。(笑)

植田氏のM4もステキですが、
かつて銀座の三信ビルにあったノックスフォトサービスで
木村センセの使ったというM4を持たせてもらいました。
それが効いたかM4と言えばクロを保護したくなります!^^