正方形×正方形

映画「猿の惑星」の忘れ得ぬ記憶

c0118173_18241694.jpg





「猿の惑星」がリメイクされた。

原作の同名小説が最初に映画化されたのは1968年のことだ。
第1作は小学生のころテレビで何度か観た。

宇宙飛行士が2年間の旅を終えて帰還するとそこは猿の惑星だった。
結末では、猿の惑星が実は300年後の地球であることが判明する。

海岸に佇む朽ち果てた自由の女神が
なかなかシュールな映像で忘れられない。

さて、「猿の惑星 創世記(ジェネシス)」というのが最新作のタイトルだ。
そして『これは 人類への 警鐘』というコピーが添えられている。

小学生時代のギャグを交えて解説するならば、
「気をつけろ、猿のは臭ぇ!」という意味である。(笑)


1に纏わる 11枚の写真 111番館にて
by leica_m4m | 2011-10-05 18:26 | Leica M | Comments(6)
Commented by tajiri8jp at 2011-10-05 21:22
そういえば「猿の軍団」というテレビ番組もありましたねえ・・。
Commented by nori62chan at 2011-10-05 21:46
少し前にオリジナルを撮った監督は
狭義のイメージで特定の人種
広義のイメージで人類と
double meaningを意図していた...
との解説を見かけましたが
本当だったらイヤですね
これってやっぱり摺込まれた宗教観?
トイレの神様、レンズの神様(例え海外でも)etc
八百万の神々に感謝する日本人でよかった!
Commented by sa55z at 2011-10-05 22:20
犬にたとえれば、首輪をつけたり、変な衣服を着せたり、大変奇異な事ですよね。
犬はいつも自由でなくてはなりません。
その点、猫は素晴らしい。
Commented by leica_m4m at 2011-10-06 07:48
tajiriさん おはようございます。
ありました、ありましたね、猿の軍団!
「宇宙猿人ゴリ」の方がオリジナリティはあったのかもですね。
Commented by leica_m4m at 2011-10-06 07:50
noriさん おはよう!
難しい話をするねぇ。(笑)
一神教の国と八百万の神々の国の違いは大きいですよね。
とはいえ歴史的には神仏習合も乱暴でした。(笑)
Commented by leica_m4m at 2011-10-06 07:54
sa55zさん おはようございます。
いつの頃からか、野良犬をまったく見かけなくなりました。
ノラネコは今でも健在です。犬の自由は奪われたままですね。