正方形×正方形

ウルトロンで超発明的アプローチ(その1)

c0118173_1721596.jpg




ウルトロンにもだいぶ慣れてきて、
21ミリの視野に狙ったモノを収められるようになると
ちょっと欲が出てきた。

ライカで「超発明的アングル」は可能だろうか。

そもそもこのテクニックは、
出番の減ったGRDの個性を再評価するために
編み出されたものだ。ライカに適用するとはいかがなものか。

しかも「秘技」と称される撮影フォームが
やや目立つという難点もある。

結果は惨敗であった。

右手一本タスキ状に伸ばして地面スレスレに構えるには
重すぎるし危険すぎるし目立ちすぎだ。

今日のところは「超発明的アプローチ」くらいで許してほしい。(笑)
by leica_m4m | 2013-04-18 17:41 | Leica M | Comments(4)
Commented by torimi at 2013-04-18 21:01 x
三次元的空間を感じる構図ですね。
より広く、より遠く、より高くを一度に表現できる感じ?
Commented by leica_m4m at 2013-04-18 22:05
torimiさん こんばんは。
超ワイドレンズなのでそんな風に写るんです。
ローアングルからちょいと右手に重力をかけているところが
超発明的なんですよ!( ̄▽ ̄;)あはは
Commented by バリカン at 2013-04-19 10:27 x
凄いな、電信棒と街灯が、延長線上でぶつかりそうです(笑。
「鳩の町」と書かれたのぼりですか?
鳥の像もとまってますね。
「鳩の肉」に見えて、ちょっと焦ったんですけど(笑。
Commented by leica_m4m at 2013-04-19 18:28
バリカンさん
いつも鋭いご指摘ありがとうございます。(笑)
でも電信棒と街灯は漸近線的に接近しつつブツからないんですな。あはは。

こちら、都内の下町散歩エリアとしては比較的有名な「鳩の街」です。
地理的には東向島というところなんですがその歴史的経緯から
少しユニークな建物が今でもいくつか残っているんです。
ここ数年でまただいぶ減った様子です。
たしかにこの写真だと「鳩の肉」に見えるかも!(笑)