正方形×正方形

何の変哲もないスーパーに、微妙な発見

c0118173_1738133.jpg




ダイエーの系列店だろう。
一見、何の変哲もないスーパーである。

ワタシも最初はそう思った。

しかしよく見ると「24時間営業」と書かれたその奥に
ちょっとレトロなデザインの壁面が見える。
もともと建物の正面がそこにあったんじゃないか。

裏に回ってみて確証を得た。
別の目的で建てられたものを転用しているな。間違いない。

帰って古い資料を探ってみると記述を見つけた。
そして、荷風が記した「玉の井館(寄席)」、その後「玉の井文映(映画館)」を経て
現在はスーパーに生まれ変わっていたのだとわかった。

このエリアは戦火で焼けてしまったらしいから
現在の建物は戦後のものと思われるが、
合掌と言うのだろうか屋根を支えているように見える太い木が
ハリボテ風味なところ(破風か?)がそれを裏付けているように思える。

こうした微妙な発見もまた、下町歩きの楽しみである。(笑)
by leica_m4m | 2013-04-24 18:02 | Leica M | Comments(2)
Commented by neon at 2013-04-24 20:40 x
河出書房新社刊「追憶の東京」下町・銀座篇(小針美男 画文、川本三郎編・文、2006)をお奨めします。此処も画入りで出ています。それによると、非常口は往時のままとあります。
Commented by leica_m4m at 2013-04-24 22:48
neonさん こんばんは。
さすが、とっくに研究済みなんですね!
1月に歩いたときに気がついたんですが、
正面から撮る機会がなくてネタ的にはお蔵出しになってしまいました。
ではさっそく、Amazonでポチッと。(笑)