正方形×正方形

そもそもカメラってそういうものだった

c0118173_13525611.jpg




c0118173_13553399.jpg


ライカから新しいM型機「M-D Typ 262」が出た。(出る?)
なんと英国のカメラ店で先行発売されている。(フライング?)

デジカメでありながら液晶モニターを廃し
撮影だけに専念できるストイックな機体である。
60周年記念モデルの汎用型とも言えるか。

感度設定は背面の古典的なダイヤルで行うようだ。
すると右手親指の位置にあるダイヤルは露出補正かな。

それ以外、操作も設定も不要なカメラなんだとしたら
忘れかけていた銀塩M型機の使い勝手に近いのかもしれない。
そもそもカメラってそういうものだった。

買わないけど。
( ̄▽ ̄;)




.
by leica_m4m | 2016-04-28 19:52 | Leica M | Comments(2)
Commented by utakata28 at 2016-04-28 22:57
こんばんわ^^
私ほとんどデジタルを使わないのでわからないのですが、
液晶画面なくて、撮ったのはどうやって確認するのでしょう・・・
PCにつなぐのかしら・・・スマホとか??
ああああ、デジタル機器に弱すぎてまるでわからーーん!

でも・・・
手が出ないくらいのお値段なんだろうなって事は何となくワカル・・・(笑)
Commented by leica_m4m at 2016-04-29 10:43
雨さん おはようございます。
「撮った画像をその場で確認できない!」ことが
どうやらこのカメラの「売り」らしいんです。あはは。
ウチに帰ってカード取り出してパソコンに挿すまでわからないと。
そんな不自由なデジカメあまりないですよね。
ちょっと心配したのはカメラ機能のセッティングにモニターが必要ないのか
ってことなんですが、そもそもフィルム感度くらいしかセッティング要素必要ないですもんね。
あ、フィルムじゃないか。あと露出補正だけあればいいと。(笑)
ライカ、高額かつ不自由な道を突き進んでおります。( ̄▽ ̄;)