正方形×正方形

眠り

c0118173_23395529.jpg

カラスが鳴いて、日が西に傾くころ
いつものお客はやや早足で暖簾をくぐり抜け

大きな罐では次々と廃材が焼かれて
煙突からは やや控え目に煙が吐き出される

そんな日常が眠りについてから、もう半年が経つ。

瀟洒な玄関は すでに
薄っぺたなベニヤ板で塞がれてしまった。

懐かしい煙突でさえ もはや
梅雨空に突き立てられたコンクリートの塊に過ぎない。

廿世紀浴場(私的・煙突ランク9)
by leica_m4m | 2008-06-23 23:51 | Leica M | Comments(2)
Commented by kawamutsukun at 2008-06-24 22:43
先日拝見させていただいた、ハイキーの作品群(スマートボールやポートレイト)とは対極にありますね。現像も変えていますか?
私は中庸なトコを行ってますが、leicaさんは振り子の端と端を行ってる気がします。表現の幅が広い。。。
暗室のHさんに言われたアドバイス、合っているように思います。
私も二十数年振りの暗室でマルチグレード印画紙に挑戦しましたが、意外とすんなり入れました。
次回は本当に、バレイタに挑戦して頂きたいと思います。この一枚もバレイタでしたら、かなりイメージに近づけるのではないでしょうか。
Commented by leica_m4m at 2008-06-25 23:02
kawamutsuさん 
こんばんは、先日はお疲れさまでした~ (^^
>振り子の端と端
そうですね~ 幅が広いというよりは両極端なんですね。
ホントは中間トーンをちゃんと出したいのです(苦笑)。
来月、再び暗室入りするつもりですが、バライタには必ず挑戦します~!!