正方形×正方形

張り巡らす

c0118173_20131271.jpg

「アンテナを張り巡らせる」という表現がある。

「情報収集を怠らない」とか
「五感を研ぎ澄ませる」といった
意味で使われることが多いが、
「張り巡らせるアンテナ」とは
どんな形のアンテナなのだろう?

張り巡らすのだから「パラボラアンテナ」では無理がありそうだ。
アマチュア無線のアンテナは両手を左右に広げたような形だったと思うが、ちょっと違う。
何か「網状」のものとか「連続性のあるデザイン」を想像するが
そんなアンテナ、世の中にあっただろうか?

いや待てよ。
単純に「アンテナをあちこちに大量に設置する」という意味なら
形は関係ないのかもしれない。

昭和のデザインとして見慣れたVHFアンテナが、
地平の先まで連綿と続く三角屋根すべてに設置された光景を想像すると
ちょっとワクワクしてくる。(^^


写真は新橋駅近く。先の戦争で焼け残ったあたり。
ここでも再開発が始まった。
by leica_m4m | 2008-06-26 20:23 | Leica M | Comments(0)