正方形×正方形

コンビニ

c0118173_0583586.jpg

CO2排出量削減のために
コンビニの深夜営業を見直したらどうか
という議論が再燃しているらしい。

オモテに見えているのは店舗だけだけれど
コンビニが 物流からメーカー、生産者までを巻き込んだ
巨大なシステムを形成しているのは周知のとおり。
24時間をフルに使って複数のプレーヤを連携させ、
規模の経済で競争優位を生み出している。

だからコンビニに24時間営業を止めろと言うのは、
マグロに「泳ぐの止めて寝なさい」と言っているようなものだ。

行き過ぎたサービスはムダでしかないが
加速した大きな歯車を止めるのも非効率を生むだろう。

業界イジメ的展開に陥らないことを望む。
夜中にビール買えなくなったら困るし…。


写真は下町の酒屋さん。
ポスターの貼り方にこだわりを感じる(笑)。
by leica_m4m | 2008-07-04 01:01 | Leica M | Comments(2)
Commented by kawamutsukun at 2008-07-05 17:31
うちの近所のコンビニは11時閉店で定休日ありなんですよ。
もともとは酒屋さんだったんですが、二代目の娘さんがフランチャイズを買ってコンビニにしたんですけど、家族だけの経営なので、身の丈にあった運営をしてるんでしょうね。
先代がまだ現役で、お得意様あてに酒の販売をしているので成り立っているというのもあるのでしょうけれどね。
Commented by leica_m4m at 2008-07-06 00:12
あ、こんばんは kawamutsuさん。
すっかり暑くなりましたねー。^^;;

家族経営のフランチャイズ店を含め、
コンビニの店舗経営は負担が大きいですよね。とくに深夜営業は。
コンビニ=24時間営業という呪縛に囚われないお店もどんどん現れて
多様化してくれればよいな、と思っています。
ただしそれは市場原理に委ねるべきで、
行政指導的に制約すべきものではないだろうな、というわけです。