正方形×正方形

カテゴリ:Leica M( 1781 )

50ミリの視野 その5

c0118173_2237565.jpg


静かに眼前を正視してみると、自分の視野はかなり広いことがわかる。
しかし、視線の中心にあるフォーカスエリア以外の認識力はかなり低い。

境界のないフレーミングあるいはトリミング
という視覚のなせる技であろう。

この感覚をレンズに置き換えて想像してみたらどうか。

倍率が近しい「50ミリ」と認識視野のイメージに近い「35ミリ」。
どちらが“標準”かと言われると、やっぱり35ミリかなぁ。
by leica_m4m | 2009-10-15 22:37 | Leica M | Comments(2)

50ミリの視野 その4

c0118173_20373937.jpg


高く掲げられた小さな看板も
ここまでクローズアップできるのだから、
下町写真散歩においても50ミリの威力は大きい。

雀荘であることはわかるが「32」はお店の名前だろうか。
都心で見かける「会議室」や「応接室」と同様、
きっと深遠な意味があるに違いない。

十字架のようにも見える造形は
飾りではなく蛍光灯の傘である。
by leica_m4m | 2009-10-14 20:39 | Leica M | Comments(2)

50ミリの視野 その3

c0118173_2326032.jpg


50ミリは演出過剰なレンズなのかと思いきや、
ニュートラルに切り取られるケースはいくらもある。

この電柱のような条件では、自分の眼で見上げた印象にとても近い。
むしろ35ミリの方が演出過剰に思えるだろう。

視野、倍率、ピントの位置と深さ…
そんなことを考えながら、出かける準備をするのも楽しい。
by leica_m4m | 2009-10-12 23:27 | Leica M | Comments(2)

50ミリの視野 その2

c0118173_23154491.jpg


35ミリの客観的な視野に慣れていると、
50ミリによるショットはときに過剰な演出効果を感じる。

 解体を見つめながら、彼は何を思うのだろう・・・

なーんてキャプションが入ろうものなら
現場の作業員を巻き込んだ感傷的な絵になってしまいそうだ。

しかし実際のところ、解体工事は淡々と着々と
正確なプロの仕事として進められていった。

ただ、現場の彼も「普通の物件ではない」
ことだけは感じていたようだ。
by leica_m4m | 2009-10-11 23:17 | Leica M | Comments(0)

50ミリの視野

c0118173_3274980.jpg


9月最後の週末、M4に50mmを付けて出かけた。
日常の視野と化している35mmから持ち替えたときの
戸惑いはちょっと新鮮だった。

この日の目的は、同潤会三ノ輪アパートの視察。
(GRDでエントリー済だがやっと現像できた・笑)

今年に入って解体された観測案件は「廿世紀浴場」に次いで2件目・・・
いや、千住大橋の巨大煙突も入れると3件目になるか。

気がつけば、今年もあと3ヶ月。
時間がない。急がなければならない。
by leica_m4m | 2009-10-11 03:32 | Leica M | Comments(2)

銀塩光学

c0118173_22475461.jpg


かつてCDがLPレコードを駆逐したように、
デジカメが銀塩カメラに市場からの退場を迫る日は
それほど遠くないかもしれない。

DPE産業は市場規模の縮小とともに衰退の道を辿った。
そして、失われたインフラが蘇ることはもう二度とないだろう。

破壊的イノベーションというヤツだ。

一方で、銀塩写真時代に培われた光学技術は
デジタル全盛の今日においていっそう価値を増している。

消える技術と生き残る技術。
アナログがぜんぶ負けると決まったわけではない。

大阪続編
by leica_m4m | 2009-09-17 22:51 | Leica M | Comments(0)

銀塩ウィーク

c0118173_1854840.jpg


気がつけば9月も半ばを過ぎ、
シルバーと呼ばれる連休が近づいてきた。

シルバーといえば「銀」であるから、
カメラ人類的には

「銀塩で撮りまくる5日間」

でなければならない。
おそらく日本全国的にこの傾向は顕著になろう。

あるいは、一年を通してもっとも
フィルムが消費される週になるかもしれない。

写真は「白黒ショー」出展作品
by leica_m4m | 2009-09-16 19:01 | Leica M | Comments(6)

ブランド

c0118173_022920.jpg


キリンとサントリーが経営統合に向けて話し合いを進めている、
という見出しが日経の一面に出たのは月曜日のことだったか。

ああ食品流通業界もサイヘンなんだなぁと他人事のように考えていたが、
ふとビール飲みの立場で考えてみたときブランドはどうなるんだろう
という関心がわいてきた。

持株会社の名前はキリンサン・ホールディングスでもいいが
商品ブランドは「モルツ搾り」とか「プレミアムラガー」はナシにしてほしいなぁ。
by leica_m4m | 2009-07-19 00:23 | Leica M | Comments(4)

中山ピープル3

c0118173_2142544.jpg


魅惑の駅前通りには魅惑の商店がいくつもあったが
中でも秀逸なのは、こちらの看板を備えたお肉屋さんである。

いちど見たら忘れられない。

反対側は
by leica_m4m | 2009-07-13 21:10 | Leica M | Comments(2)

追悼

c0118173_21254811.jpg


サヨナラ廿世紀浴場
by leica_m4m | 2009-06-29 21:26 | Leica M | Comments(6)