正方形×正方形

<   2008年 07月 ( 19 )   > この月の画像一覧

あなたの心に銀塩を

c0118173_19171461.jpg

「銀塩魂」を合言葉にスタートしたTシャツ製作プロジェクトだが、
予想を上回る反響に起案者2名やや驚いている。

タゲレオタイプとして世に出た銀塩写真は、
その全盛期から150年ほどで「ほぼ絶滅危惧種」に指定されそうな気配だ。

しかし、人の心に「銀塩魂」がある限り、
カメラおよびカメラ店、フィルム、印画紙、暗室および現像設備など
すべての銀塩ツールには永遠の命が宿るのである。


◆◆◆ ご覧の皆さまに、お知らせとお願い ◆◆◆
「銀塩魂Tシャツ」プロジェクトもいよいよ本番製作に入ります。
まずは皆さまの投票により「人気No.1 Tシャツ」を選出したいと思います。
エントリーされたデザイン案は、下記でご覧いただけます。
【A案】オリジナル魂
【B案】塩味・専売公社風魂
【C案】赤く燃える魂
【D案】ゼラチン・シルバリズム魂
【E案】グレーにM2魂
【F案】淡く浮遊する魂
【G案】バルナック魂
【H案】Hなピンク魂
【I案】愛のある魂
【J案】いいんじゃない魂
【K案】入魂のフィルム魂 これが銀塩魂マーク!

ご覧のみなさま、ぜひぜひ投票をお願いします!!!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 ◆コメント欄から「お気に入りの1枚」に投票してください!
 ◆投票は「お一人様一票」にてお願いします!
 ◆今日から8/3(日)までを投票期間とし、結果を8/4(月)夜に集計・お知らせします。
 ◆ご希望の方には実費にてお求めいただけるよう鋭意検討中です!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

この夏は、このTシャツ着て、あなたの心に銀塩を!!

入魂の最終エントリーはこちら!!
by leica_m4m | 2008-07-31 19:21 | 銀塩魂 | Comments(21)

すたこら

c0118173_1925462.jpg

散歩に出かけると猫に出会うことが多いが、
気前よく撮らせてくれるヤツは少ない。

こちらから愛想を振りまいても逆効果。
くるりと背を向けて行ってしまう。

だったら、いっそのこと「待ち」でいたらどうか。
細い路地に腰をおろして数分…やってきた。

この猫くん、通りの向こうからスタスタ歩いて来てペタンと座った。
特別な場所には見えないが、お気に入りの定位置なのだろうか。

何とも微妙な距離感だったが1枚撮った。動かない。

「よし、こいつは大丈夫かも」と腰を上げたとたん
すばやい動作で逃げてしまった。やれやれ。

さて、今日のエントリーは!「銀塩魂プロジェクト」その⑨
by leica_m4m | 2008-07-30 19:32 | Leica M | Comments(4)

シングルモルト

c0118173_19485563.jpg

ウイスキーはちょっと苦手だった。

アルコール度5%のビールばかり飲んでいたから
強い酒に慣れていなかったのだ。(要するにお子様であった)

シングルモルトを美味しく飲めるようになったのは、10年ほど前。
ある銀座のバーに出入りするようになってから。

磨き上げられた長く美しいカウンターの向こうには、
シングルモルトを中心に、目を見張る数の銘柄が誇らしげに並べられていた。

当時の私よりもずっと若い、けれど酒については
とびきり詳しいバーテンダーがいろいろ教えてくれた。

「スカイ島とジュラ島の間にあるマル島、そこに蒸留所があって…」
なーんて、ホントよく勉強しているなぁ と関心したものだ。

この日はちょっと飲み過ぎた。
翌日、昼過ぎまで寝てしまった。

お待ちかね!「銀塩魂プロジェクト」報告その⑧
by leica_m4m | 2008-07-29 19:54 | GRD | Comments(3)

光明あるいは一縷の希望

c0118173_13155111.jpg

思わぬ方からエントリーの申し出があった。
これは歓迎せねばなるまい。

男らしさと隔絶された世界観!
こういうのを、目からウロコと言う。

躊躇なく着こなすことができれば
カメラ人生変わるかもしれない。


*写真がなんだかきたない感じだったのでモノクロに替えました。
 銀座ライオンの天井です。
 夏なのにGRDのレンズに「はーっ」と息をふきかけて
 強引にフィルター効果を出しています。

待望の新人エントリー!「銀塩魂プロジェクト」報告その⑦
by leica_m4m | 2008-07-28 23:58 | Leica M | Comments(12)

合宿

c0118173_1893127.jpg

金曜日の早朝から、都会の喧騒を離れて山間のホテルに缶詰になった。
一緒に仕事をしている主なメンバーが集まっての1泊2日の合宿だった。

職能も立場も違う5人が1チームを編成。
4チームによるワークショップを軸にしたプログラムだった。

目標や課題認識など、ふだん一定のコンセンサスを前提に
一緒に仕事をしているわけだが、まとまった時間で議論を尽くす機会は少ない。
「前提」が微妙にズレているとゴールへの道のりは意外に険しくなる。

現状と目標のギャップを分析し課題を明らかに。
その課題を明文化しつつ解決方法を模索。
最後に施策のアイディアまで落とし込む。

脳ミソ「フル回転」を持続させなければならない
なかなか刺激的なプログラムだった。

年に1度なら、こうした合宿も悪くない。


写真は、佃島 和菓子屋さんの自転車。
例によって、本文とは関係ありません。

さて、お待たせしました「銀塩魂プロジェクト」報告そ⑥
by leica_m4m | 2008-07-26 18:17 | Leica M | Comments(8)

反省と打開

c0118173_0193493.jpg

「燃える銀塩魂Tシャツ」の評判があまりに悪かったので
急遽、新しいプランをエントリーすることに。

「銀塩魂」の精神に立脚しつつ 幅広い層に受け入れられること
銀塩写真人としての誇りと品格を損なうことなく さりげなく主張すること
熱帯のような毎日に ひんやり冷たい金属カメラのごとき爽やかさをもたらすこと

なかなか無謀なチャレンジではではあるが、
いま開発陣が総力を挙げて取り組んでいる。
きっと間もなく光明が見えることだろう。(^^

乞うご期待!

では、「銀塩魂プロジェクト」報告その⑤
by leica_m4m | 2008-07-25 00:22 | Leica M | Comments(4)

フォークリフト

c0118173_20344036.jpg

浅草のはずれで「リアカー」をつくっている工場を見つけた。
エコロジーとモーダルシフトの流れに乗って
虎視眈々と復権を狙っているに違いない。

「リアカー」は和製英語だから英和辞典で調べても出てこない。
同様にダンプカーは「dump truck」、
ショベルカーは「loading shovel」である。

佃島で出会ったフォークリフトは、
一方のフォークを路地に突き出していた。
丸い目玉がちょっと愛くるしい。

フォークリフトは「forklift」として
ちゃんと日本語・英語とも正しく通用するようだ。

さて、「銀塩魂プロジェクト」報告その④
by leica_m4m | 2008-07-24 20:37 | Leica M | Comments(11)

専売公社

c0118173_231036.jpg

かつて「三公社」なるものがあった。
今は「NTT」「JT」「JR」と呼ばれる会社が
それぞれの事業を引き継いでいる。

JTの前身は専売公社。「たばこ」と「塩」の独占販売権を持っていた。
なんと塩は、わずか10年ほど前(1997年)まで専売制だったのだ。

そんな統制された時代の名残を下町歩きで見かける。
太い筆文字で「たばこ」、もっと太い筆文字で「塩」と書かれたホーロー看板である。

「銀塩魂」と聞いて、ふと思い浮かんだのが紺色の看板だった。

というわけで、「銀塩魂プロジェクト」報告その③
by leica_m4m | 2008-07-23 23:15 | Leica M | Comments(4)

煙突との出会い

c0118173_22412489.jpg

下町の路地を歩いていたら、
屋根の隙間から忽然と煙突が現れた。

いや、もともとそこにあったのだから
突如視界に飛び込んできたと言った方が正しい。
距離にして3メートル。

煙突探求の第一歩は、見知らぬ煙突との出会いにある。
そのために、見知らぬ街を散歩と称して怪しく徘徊する。

矛盾するようだが、散歩の目的は決して煙突探しではないので
目線は常に上向きというわけではない。

「やぁ あそこに煙突が見える、どれ行ってみようか」
というのが正しい煙突との出会いである。

至近距離でいきなり煙突に遭遇するのは稀。
不意を突かれて驚いた。

私的煙突ランキング「7」、佃島の旭湯。

「銀塩魂プロジェクト」報告その②
by leica_m4m | 2008-07-22 22:45 | Leica M | Comments(7)

あかるいあんしつ

c0118173_1817254.jpg

大量に買い込んだ印画紙を持ち歩くのを
躊躇するほどの炎天下のもと
月例の暗室入りを感光した。いや敢行した。

今回はゲストなしの2人体制であったが、
ほとんど休憩なし、5時間ぶっ続けで焼き通した。

ash隊長は「どうも調子が上がらない」とボヤきつつも
後半どんどん調子を上げて、イルフォードの無光沢紙に
恐ろしくクロの締まったプリントを連発。
「やっぱり光沢あった方がクロが締まるよな~」と言っていたが・・・
十分締まってますよ。妥協を許さない鋼の意思に感服する。

私の方は、初めての「マルチグレード体験」+「半切バライタ」ということで、
過去3回とは態度を変えて入念にデータを収集。
2号のRCペーパーで焼いてきた同じカットをフィルターを換えながら焼いてみた。
結果、「一定濃いネガでもかなり引き伸ばしで救える」ことが確認でき
今日の目的どおりの収穫を得ることができた。やれやれ。

乾燥・フラットニングを頼んできたので仕上りは明日以降。
だんだん、次にやるべきことが見えてきた。


写真は再訪した佃にて。
そういえば昔、マヨネーズの容器で水鉄砲つくったことあるな。

「銀塩魂プロジェクト」報告その①
by leica_m4m | 2008-07-21 18:22 | Leica M | Comments(14)