正方形×正方形

<   2009年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

追悼

c0118173_21254811.jpg


サヨナラ廿世紀浴場
by leica_m4m | 2009-06-29 21:26 | Leica M | Comments(6)

サヨナラ廿世紀

c0118173_21394932.jpg

雨の降る6月最後の日曜日、久しぶりにその煙突を訪ねた。
どうしても今日行かねばならなかった。

取り壊しが始まったという記事を、ゆうべ見つけたからだ。

建物の解体を見るのはどうも苦手だ。
バラバラにされていく過程も残酷に映るが、
そこにあった営みや記憶までも打ち壊すような行為に思えて居たたまれない。

冷徹な経済原理に晒されて、いま次々と姿を消す煙突たち。
無責任で安っぽいノスタルジーを語るつもりはないが、寂しいものはやはり寂しい。

急ぎ足で到着したそこに
廿世紀浴場は、すでに跡形もなかった。
by leica_m4m | 2009-06-28 21:40 | GRD | Comments(2)

線路は続くつづく

c0118173_2111146.jpg


夏になると線路が「伸びる」のをご存じだろうか。
温度変化に伴う金属の伸縮というヤツである。

ひと昔前まで、電車の音をコトバで表現すると
「ガタンゴトーン ガタンゴトーン」 だったはずだ。

本来、季節ごとの伸縮を加味してレールとレールの間に隙間がある。
だから車輪が隙間を通るたびにガタンゴトーン。
都内を走るJRの路線などはこの隙間が少なくなったおかげで
ガタンゴトーンを体感することはあまりなくなった。

では最近のレールは伸縮しないのかと言うと、そんなことはない。

短いレールは次々と溶接されて凸凹がなくなるまで磨かれる。
で、つながれた長ーいレールの端っこは連結地点が近づくと
だんだんと先が細くなっていって、レール同士がすれ違うように密着して
途切れることなく続くのだ。


都電荒川線などは、依然としてガタンゴトーンである。
進化しない方がいいものも、中にはある。
by leica_m4m | 2009-06-25 21:13 | GRD | Comments(0)

築地市場4

c0118173_20451271.jpg
c0118173_20452481.jpg


さて、そろそろ仕事場に戻らなければ。

午後2時をまわるとターレやフォークリフトは
整然と片づけられて深夜の仕事に備える。

で、ふと目にとまったコンテナ。

UNIXといえば、ネットバブル時代に隆盛を極めた
オペレーティングシステムであるが
ここに書かれたUNIKとは縁はなさそうだ。(お粗末!)
by leica_m4m | 2009-06-24 20:46 | GRD | Comments(0)

築地市場3

c0118173_22105018.jpg


寿司屋の隣は定食屋さん。

営業中に出ている「とんかつ」の暖簾に騙されてはいけない。
ここでは魚介類豊富な揚げ物メニューがオナカ一杯食べられる。

新鮮なサカナを惜しげもなくフライにしてしまうのだから、
これもまた築地ならではと言えるだろう。

他のほとんどのお店と同様、午後1時過ぎには閉めてしまう。

ランチに行くなら、急がなきゃ。
by leica_m4m | 2009-06-22 22:11 | GRD | Comments(2)

築地市場2

c0118173_2373768.jpg
c0118173_2375130.jpg
c0118173_238217.jpg


市場の主役は、ここで働くたくさんの人とターレである。
部外者が邪魔してごーんとやられても文句を言ってはいけない。

来場歓迎とはいえ、ここは仕事場なのだ。

さて、バタバタと行き交うターレの流れをくぐり抜け
人気の寿司屋に並ぶなら13:30頃が狙い目だ。
運が良ければ30分も待たずに案内される。


気の短い江戸っ子には、待てないかもね。(笑)
by leica_m4m | 2009-06-19 23:09 | GRD | Comments(0)

築地市場1

c0118173_127383.jpg

c0118173_1272623.jpg


築地市場の場内には行列のできる寿司屋がある。

土曜日には2~3時間待ちも珍しくないのだから、
浦安の人気アトラクションにも匹敵する繁盛だ。

寿司屋は軒を連ねているのに行列ができる店はたった2軒しかない。
もう何年も築地に通っているが、こないだ初めて行列のできる店に入った。

「おまかせ」で最初に出てきたトロを食べてわかった。

ウマい! 

並んでも食べたい。
by leica_m4m | 2009-06-19 01:30 | GRD | Comments(2)

亀戸⑤

c0118173_2256822.jpg
c0118173_22563639.jpg
c0118173_22565613.jpg


「課長、私もガツンといきますっ!」と言って
女性社員が『ヘルシア緑茶まろやか』をぐいと飲むCMがあった。

「まろやか」なのに何故ガツン?? と思ったのは私だけではあるまい。

駅北口のメインストリートを歩いて行くと、左手奥には有名な亀戸天神
まっすぐ行くと花王の事業所があるのを思い出したのだ。


さて、亀戸の短い散歩もそろそろおしまい。

最終回を締めるのは「ばかだから…」
聴いてみたいような、聴くのは怖いような。
by leica_m4m | 2009-06-17 22:58 | GRD | Comments(4)

亀戸④

c0118173_22343939.jpg


さて、亀戸散歩もそろそろ後半戦だが
商店街から気になる路地に入ってみたりするのも面白い。

1枚目は「高いところからラーメン」。
この位置は、ちょっと珍しい。
目立っているかどうかは、かなり微妙である。

c0118173_22345668.jpg

2枚目では「まるちゃん」と同い年くらいの子が
楽しそうにギターを弾いている。

c0118173_22352095.jpg

3枚目は軒下でひっそり咲く「あじさい」。

c0118173_22354037.jpg

4枚目は直線的な造形がちょっと魅力的な「戸袋」。

c0118173_22355492.jpg

5枚目は・・・!?
コンクリートとしてはかなりの年代物のようだが。(笑)
by leica_m4m | 2009-06-16 22:38 | GRD | Comments(0)

亀戸③

c0118173_23401947.jpg

c0118173_23404359.jpg
c0118173_23405041.jpg
c0118173_23405717.jpg
c0118173_234166.jpg


ヒトの多い商店街は気分がいい。

八百屋の前に大きなワゴンを停めて買い物していた兄さんに

「こんな所にクルマ停めてんじゃねェ!」
「そうだァ!みんな迷惑してるんだからヨォ!」

と、複数の長老クラスがべらんめぇ調で
お咎めしている風景はなかなかの迫力であった。

ここには、ここのルールがちゃんとあるってことだろう。
ワゴンの兄さん息巻いていたが、そそくさと立ち去って行った。
by leica_m4m | 2009-06-15 23:42 | GRD | Comments(2)