正方形×正方形

フォークリフト

c0118173_20344036.jpg

浅草のはずれで「リアカー」をつくっている工場を見つけた。
エコロジーとモーダルシフトの流れに乗って
虎視眈々と復権を狙っているに違いない。

「リアカー」は和製英語だから英和辞典で調べても出てこない。
同様にダンプカーは「dump truck」、
ショベルカーは「loading shovel」である。

佃島で出会ったフォークリフトは、
一方のフォークを路地に突き出していた。
丸い目玉がちょっと愛くるしい。

フォークリフトは「forklift」として
ちゃんと日本語・英語とも正しく通用するようだ。

さて、「銀塩魂プロジェクト」報告その④
# by leica_m4m | 2008-07-24 20:37 | Leica M | Comments(11)

専売公社

c0118173_231036.jpg

かつて「三公社」なるものがあった。
今は「NTT」「JT」「JR」と呼ばれる会社が
それぞれの事業を引き継いでいる。

JTの前身は専売公社。「たばこ」と「塩」の独占販売権を持っていた。
なんと塩は、わずか10年ほど前(1997年)まで専売制だったのだ。

そんな統制された時代の名残を下町歩きで見かける。
太い筆文字で「たばこ」、もっと太い筆文字で「塩」と書かれたホーロー看板である。

「銀塩魂」と聞いて、ふと思い浮かんだのが紺色の看板だった。

というわけで、「銀塩魂プロジェクト」報告その③
# by leica_m4m | 2008-07-23 23:15 | Leica M | Comments(4)

煙突との出会い

c0118173_22412489.jpg

下町の路地を歩いていたら、
屋根の隙間から忽然と煙突が現れた。

いや、もともとそこにあったのだから
突如視界に飛び込んできたと言った方が正しい。
距離にして3メートル。

煙突探求の第一歩は、見知らぬ煙突との出会いにある。
そのために、見知らぬ街を散歩と称して怪しく徘徊する。

矛盾するようだが、散歩の目的は決して煙突探しではないので
目線は常に上向きというわけではない。

「やぁ あそこに煙突が見える、どれ行ってみようか」
というのが正しい煙突との出会いである。

至近距離でいきなり煙突に遭遇するのは稀。
不意を突かれて驚いた。

私的煙突ランキング「7」、佃島の旭湯。

「銀塩魂プロジェクト」報告その②
# by leica_m4m | 2008-07-22 22:45 | Leica M | Comments(7)

あかるいあんしつ

c0118173_1817254.jpg

大量に買い込んだ印画紙を持ち歩くのを
躊躇するほどの炎天下のもと
月例の暗室入りを感光した。いや敢行した。

今回はゲストなしの2人体制であったが、
ほとんど休憩なし、5時間ぶっ続けで焼き通した。

ash隊長は「どうも調子が上がらない」とボヤきつつも
後半どんどん調子を上げて、イルフォードの無光沢紙に
恐ろしくクロの締まったプリントを連発。
「やっぱり光沢あった方がクロが締まるよな~」と言っていたが・・・
十分締まってますよ。妥協を許さない鋼の意思に感服する。

私の方は、初めての「マルチグレード体験」+「半切バライタ」ということで、
過去3回とは態度を変えて入念にデータを収集。
2号のRCペーパーで焼いてきた同じカットをフィルターを換えながら焼いてみた。
結果、「一定濃いネガでもかなり引き伸ばしで救える」ことが確認でき
今日の目的どおりの収穫を得ることができた。やれやれ。

乾燥・フラットニングを頼んできたので仕上りは明日以降。
だんだん、次にやるべきことが見えてきた。


写真は再訪した佃にて。
そういえば昔、マヨネーズの容器で水鉄砲つくったことあるな。

「銀塩魂プロジェクト」報告その①
# by leica_m4m | 2008-07-21 18:22 | Leica M | Comments(14)

銀塩魂

c0118173_1830972.jpg

「銀塩魂」ってコトバ、ちょっと気に入っていたのだが
sa55tさんよりお褒めの言葉をいただいたので
うっかり調子に乗って「Tシャツでもつくろうか」と思い立った。

念のためググってみたら…なんと、やはりあった。
すでに何人も先行者がいたので、これは無念の断念!

では「喰っちゃ撮り」ではどうだろう?
気をとり直して検索したらこっちは誰もいない。
オリジナル! 一番乗りだ!!

もし「喰っちゃ撮りTシャツ」つくったら着たい人いるかな~?
(姉妹品・「喰っちゃ焼き手拭い」とセットで!)
いないかな~  隊長、どうです?(^^;; 

古い古い看板
# by leica_m4m | 2008-07-18 18:37 | Leica M | Comments(6)

都電の行く街

c0118173_19555232.jpg

20年近く前、このあたりに住もうと思ったことがある。
当時の勤め先が渋谷で、利便性と適度な距離感を
勘案したとき候補にあがったのだ。

結果的には、東長崎に3年ほど暮らすことになったのだけれど
都電の行き交う街はちょっと昔の面影を残していて魅力的だった。

久しぶりに訪れた、ここ大塚の駅近くのライブハウスで
高校時代からの悪友がギターを弾いた
想像したよりずっと上手くなっていた。
c0118173_19561765.jpg


あまり変わっていない感じ
# by leica_m4m | 2008-07-16 19:57 | GRD | Comments(11)

暗室へ

c0118173_21234279.jpg

首からカメラ、背中にリュック、
大きな手提げ袋まで抱えてうろうろ。

身動きできない不自由にやや苛立ちながら
今にも泣き出しそうな空を見上げると、
電線に鳩が一羽とまっていた。

ほどなくもう一羽飛んできて
微妙な距離感で同じ電線にとまった。

もうすぐ、月例の〈喰っちゃ焼き〉がやってくる。


写真は築地市場にて。
先月の暗室入り直前、喰った直後。

仲よき事は美しき哉
# by leica_m4m | 2008-07-15 21:26 | Leica M | Comments(2)

ラムちゃん

c0118173_2234348.jpg

ラムちゃんといえば高橋留美子の出世作を思い出すが、
こっちのラムちゃんはもう少し時代が遡る。

70年代にエメロンのCMで一躍人気になったグラビアモデルだ。
篠山紀信が激写シリーズで撮ったことでも知られる。
(知らない人の方が多いかな…)

4代続く雑貨屋さん、その天井近くで久しぶりに出会ったアグネス・ラム。

ご主人曰く「ああ、ミンキーのポスターね。
今でも譲って欲しいって言う人が絶えなくってねぇ」

4代目のご主人
# by leica_m4m | 2008-07-13 22:42 | GRD | Comments(12)

フィルム現像

c0118173_23342552.jpg

フィルム現像をプロラボに頼んだら、
ビックリするほど薄いネガがあがってきた。

現像ミス!? まさか。
露出ミス!? でもないようだ。

これがPLUS-X125の標準現像だとすると
自家現像および近所のカメラ屋現像は
とんでもない過剰現像だったことになる。

スキャナにかけると、ちゃんと優しいグラデーション。

でもきっとプリントは難しい。薄いネガは苦手だったし。
キリッとした黒が出ない、シャドウ部が潰れる
といった事態に往々にして陥るのだ。

焼けるかどうだか、焼いてみよう。
また宿題ができた。
# by leica_m4m | 2008-07-10 23:35 | Leica M | Comments(6)

話は尽きない

c0118173_22135524.jpg

そもそも佃島に着いたのが4時をまわっていたのだ・・・

撮り始めて1時間が経ったころ、一軒のお店に吸い寄せられるように入った。
「たばこ」の看板はあったが、どうやら煙草は扱っていないらしい。

奥に腰かけていたご主人が立ち上がって迎えてくれた。
明治のころから4代続く雑貨屋さんだった。
昨年、煙草の扱いをやめてからは
近所の子供たちを相手に駄菓子を売っているという。

「母親の代に、関東大震災で焼け野原になってね
昭和のはじめに建て直したんですよ」とご主人は話し始めた。

しょこたん、タッキーなどのグラビア撮影がここで行われた話
工藤静香が子供2人を連れて駄菓子を買っていった話
某テレビ番組のロケのために商品棚を処分せざるを得なかった話
入院から戻ってきたらお店の前でマンション建設が始まっていた話
建物は区の文化財に指定されているのに日照権は奪われたままという話
そして、大学生になった今でも駄菓子を買いに来る「子供たち」の話。

話は尽きることがなかった。

「あっ!いかん!!」
気がついた頃は、6時をとっくにまわっていた。

月島のもんじゃ屋さんに着いてからの顛末は
momiliさんの記事に詳しいので多くは語るまい。

「煙突バカ」に続いて「天然」の称号までめでたく拝領することとなった。
こんな具合だから、初めての集まりは楽しい。(´~`)ゞ
# by leica_m4m | 2008-07-08 22:15 | Leica M | Comments(10)