正方形×正方形

ビバンダム

c0118173_2213853.jpg

以前の仕事場近くには、行きつけの蕎麦屋さんがあった。
天ぷらも美味しいし、魚もお酒も上等。
オーナーの板長がとても楽しい人で、女将さんは美人だった。

仕事場が変わってから3年ほど経つが、
顔なじみの店員さんが迎えてくれるお店はまだないなぁ。
銀座のビヤホールにはそれなりの頻度で通っていて
常連客とは顔馴染みになったが、店員さんとはなかなか・・・。

そういえば、ミシュランガイドに出るようなお店には
まず縁などないだろうと思っていたら、
知っている銀座のお店が2つも載っていて驚いた。
(なるほど~美味かったもんなぁ~)

でも、そういうお店には特別な日にしか行けないので、
残念ながら常連というにはほど遠い。

さて、とある公園に立っていたこいつは、
「やぁ、ミシュランマンじゃないか!」(黒いけど)
# by leica_m4m | 2008-06-14 22:14 | Leica M | Comments(5)

カタルマ

c0118173_2119028.jpg

送急カタマル?
いや、カタマルナ??

うーん
カルマ(業)とか
ダルマ(達磨)とかも
連想させる強烈な太文字。

あ、カタルマ か!!

ところで カタルマ ってなんだ?

正解は・・・
# by leica_m4m | 2008-06-12 21:20 | Leica M | Comments(2)

牛つながり

c0118173_20125323.jpg

父の実家では、かつて牛を飼っていた。

夏休みに帰郷すると、尻尾でハエを叩く器用な動作を
感心しながら眺めたものだ。

ある日、従兄と一緒に牛小屋に行くと
小ぶりのスイカが山と積まれていた。
100個とまではいかないが かなりの量だったと思う。

誰もいないのをいいことに、従兄と私はスイカを牛に食べさせてみた。
そしたら、食べる食べる どんどん食べる。
いよいよ面白がって食べさせ続けたら、
スイカの山はいつの間にか半分くらいになっていた。

直後、牛小屋を覗きに来た伯父さんに
コテンパンに怒られたのは言うまでもない。


写真は築地本願寺にて。
ウシ撮るウシろ姿を撮られてしまった(笑)。
# by leica_m4m | 2008-06-10 20:13 | Leica M | Comments(2)

原子心母

c0118173_23324712.jpg

ピンク・フロイドは好きじゃなかった。

クリムゾンのようなダイナミズムを感じなかったし
テクニックではイエスに遠く及ばない。
EL&Pのような疾走感も構築美もなかった。

でもジャケットデザインはかなりクール(クレイジー)だった。
「Wish You Were Here」ではホントに人に火をつけたらしいし
「Animals」では発電所の上空に豚の気球を飛ばしてど肝を抜いた。

しかし、アートワークを「Hipgnosis」が手がけたピンク・フロイド作品の中でも
最も強烈なビジュアルはこれだろう。

「原子心母」

邦題も秀逸(というより驚くべき直訳という感じ)だが、
その原題はズバリ「Atom Heart Mother」である。


好きじゃなかったピンク・フロイドだが、
今ではカラオケで「Shine On You Crazy Diamond」を歌うほど。


*写真は本文とまったく関係ありません。

恐るべきジャケット
# by leica_m4m | 2008-06-08 23:36 | GRD | Comments(4)

儚い

c0118173_18475381.jpg

数年ぶりに訪れた佃島は、
記憶とほとんど変わらない風情を残していたけれど
ひとつだけ大きな違いがあることに気がついた。

島の真ん中を貫くメインストリートとその周辺の主な道が、
アスファルトではなく綺麗に化粧直しされていたのだ。

佃煮屋さん、駄菓子屋さんの前で感じた
ちょっとした違和感はそのせいだったのかも。


でも、銀座から歩ける距離にこんな街があるっていい感じ。
高所得者になった暁には、ぜひ住まいたいところだ。
(にんべんに夢と書いて「はかない」と読む・苦笑)

c0118173_18481380.jpg

c0118173_18483518.jpg


ちょっと懐かしい看板
# by leica_m4m | 2008-06-06 18:50 | Leica M | Comments(6)

止まった時間

c0118173_12344990.jpg

たくさんの観光客でごった返す築地市場。
週末の昼ともなれば3時間待ちという人気のお店もあり
ちょっとしたブームの様相を呈している。

低いエンジン音を響かせて走るターレットや
魚の詰まったケースを山と積んだフォークリフトが行き交う
そんな仕事の現場だから、余所者がボヤボヤしていると危ない。

豊洲移転が揺らいでることを含め、築地市場はいろんな問題を抱えたままだ。
昭和10年築という老朽化した設備や、流通大手による現地買付の増加などもあって
築地市場による市場支配力が弱まっているとの話も聞く。

だから、関係者にとっては築地市場への注目が高まったり
外からのお客が増えることはいろんな意味で歓迎なのだろう。
観光客が横に一列で道を塞いでいても、
以前のように怒鳴っている光景は目にしなくなった。


さて 高く積まれたこの物体は…
大きな壁掛け時計にも見えるが、棄てられた計量秤である。

その場所だけ時間が停止していた。
棄てられた秤たちの、その重さで針が振れている。

夜の築地市場
# by leica_m4m | 2008-06-03 12:30 | Leica M | Comments(2)

佃島

c0118173_13593271.jpg

新橋を出発、築地市場・本願寺を経て佃大橋を渡り
佃にたどり着いたのは1時前後だったろうか。
佃煮の甘い匂いに空腹感は倍増した。

築地も埋立地(築かれた土地)だが、
ここ佃も、江戸初期につくられた人工島だという。

銀座に歩いて行ける好立地なので
北側には超高層マンションが林立しているが、
この付近だけは、隅田川と水路に3方を囲まれて
ひとり取り残されたかのような異空間を形成している。

駄菓子屋さんは、入れ替わりやって来る子供たちでとても賑やか。
空腹も忘れて一緒に楽しんでしまった(笑)。
c0118173_13595953.jpg

c0118173_1401856.jpg


佃三郎???
# by leica_m4m | 2008-06-01 14:01 | Leica M | Comments(0)

掲揚

c0118173_21391274.jpg

玄関先にこれを掲げる習慣はウチにもなかったけれど、
昔に比べるとずいぶん見なくなった気がする、日の丸。

浅草を散歩したときに、古い豆腐屋さんの店先に
「国旗掲揚器」と浮き出し文字でプレスされた器具を見つけた。

何年前のものかハッキリはわからないけれど、
戦前に建てられた九段下ビルにも同じものがあったから
昭和初期のものかもしれない。


4月の祝日、全長1km近いここ本町通りで
国旗を掲揚していたのはこのお店だけだった。

クロス
# by leica_m4m | 2008-05-30 21:59 | Leica M | Comments(0)

ダチョウ!?

c0118173_22223450.jpg

地元とはいえ
あまり歩いたことのない界隈を散歩した日、
そろそろ引き揚げようかと駅方面に向かって歩いていたら
いきなりコイツが店から飛び出してきた。

なんでこんなところにニワトリが!

っていうより、

なんでこんな店からニワトリがっ!!


うーむ、もしかしてダチョウ!? 
(残念ながらカンガルーは発見できず)  (-_-;;

ダチョウじゃないもん
# by leica_m4m | 2008-05-29 22:23 | Leica M | Comments(0)

いらいら

c0118173_21323194.jpg

会社のデスクトップPCを買い替えて数か月が経つ。

最新のマルチコアCPUを搭載しているんだから
さぞかし快適な使い心地なんだろうな~
どれだけ速くなるのかな~ 
などとワクワクしていたが、期待は見事に裏切られた。

IMEの変換が異様に遅いとか、
アンチウィルスソフトが煩わしいというのもあるが
いちばんのクセ者は「インデックス作成」だ。

PCを立ち上げると勝手に動き出し
停止させないと、とても鈍くて使えない。

インデックス作成を停止させるために
ダイアログボックスを表示させると、こう書かれている。

コンピュータを使用しているため、インデックスの作成速度が低下しています。

「 P C を 使 い た い ん だ っ て ば !!」

この開発元は、やはり何かを勘違いしている。



写真は月島商店街にて。1階はたぶんもんじゃ屋さん。
レトロな看板装飾はそのまま残した、モダンなお店が増えている。

路地裏へ!
# by leica_m4m | 2008-05-27 21:33 | Leica M | Comments(2)